2010年08月03日

宇宙ショーへようこそ。

世の中はなんであんなにジブリが好きなんだろ・・
もちろん名作はあるけど、・・・。


そこ、どーでもいいが
やっぱ、よかったなぁー、『宇宙ショーへようこそ』。
主役級のキャラはいまいちだったけど、
端役がいいよねー、今回、インク萌えぇ。
最後の方の宇宙ショーに出てくる
イルミネーション・パレードは最高に綺麗だったしぴかぴか(新しい)


うーん・・
やっぱ、どーでもいいやぁーwるんるん
posted by はる at 21:04| Comment(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

お江戸。26日編

26日
朝、五反田のホテルを出て、一路乃木坂へ!

目的は「オルセー美術館展」がいいという噂を聞きつけて
国立新美術館へ
ダッシュ(走り出すさま)


乃木坂へ向かったはいいけど
その後の地図がなくて、でも国立の美術館なんだし
なんとかたどり着けるんちゃうん?
・・とか、思ってたら、さすが東京っ!
駅に隣接して美術館て!
そういや、京都駅のkyotoえき美術館みたいなものか!
大阪がやたらにアクセスしにくいだけなのかっ!!
・・・どーでもいい。

朝イチについて、
10時からなので9時45分頃1階のカフェで優雅にお茶してたら
2階の美術館入り口に向かって続々と人が流れていく・・・・
どんだけの人が流れて行ったか・・・・
そろそろつまってきてもいい頃だろうと思ってもどんどん・・
「ん?もしかして・・・」
あわててシナモンロールかきこんで入り口に向かうと
やっぱり!開場しておりました ヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・

少し早めに開場されたのか、詳細はわかりませんが
とにかく思ったより混雑もなく
ゴッホの自画像もアンリ・ルソーの蛇つかいの絵も
ほとんど人のいない状態で観る事ができましたぴかぴか(新しい)


100点以上も絵画のある展覧会などのは
1つずつをしっかり観てはいけないそうで、自分が第一印象で良いと思ったところで立ち止まりゆっくり観ればいいそうです。
・・と、ならったのでそのように観て回っていると
10時半には
すっかりミュージアムショップでお買い物していました(笑)))
ところが出てきたら・・・
1階に入場待ちのお客さんが駅の方まですごい事になってました!

このあと、MILU友のくぼぅちゃんに
「日本で一番古い地下街」という所に連れってもらうべく
東銀座へ12時半の待ち合わせ・・・


時間余りそうなので12時に変更してもらう、
とくに予定がなかったので
(こんなに早くに美術館を出てくるとは思わなかったので・・)
今日の宿泊先、新宿三丁目のホテルまで
コロコロカバンを置きに行く事に^^b
明日行く予定のマルイワンも近くてラッキー♪

ゆっくりしてる間もなく、東銀座へ!
12時に待ち合わせ早めてもらったのに
着いたらぎりぎり12時2分前あせあせ(飛び散る汗)
ま、遅れてないですが、焦りますあせあせ(飛び散る汗)

目の前からくぼぅちゃん電話くれて確認しあって
いざっ!!三原橋地下街へ!!
DSCN6030.jpg
この古い映画館が目印・・・で、
何が上映されているかというと・・・
DSCN6031.jpg
ま、こういうものだったり、いろいろです♪

くぼぅちゃんががんばって探してくれた「昼間から飲める店」
DSCN6032.jpg
はっきり言ってイタリアンなお店でも昼間から飲めますから^^;

DSCN6033.jpg
肉豆腐というものでした、
ほかにも「ゲソゴロ焼き」とか、美味しかったです♪

散々呑んで、次の約束があるのでそのまま銀座に爆弾
時間までくぼぅちゃんが銀座を案内してくれました♪
浴衣の反物見にいったり、ここでは「良い物見せていただきまして・・・」とお茶を濁して退散ダッシュ(走り出すさま)

鳩居堂でお土産のお香とポチ袋購入。

そしてそのあと入った喫茶店で
まさかのスペシャルティコーヒーが飲めるとわっ!!
DSCN6034.jpg
さすが銀座っ!!

ここで、32年ぶりに再会したなぎさちゃんと合流♪
くぼぅちゃんと別れるはずだったのですが
そのまま、くぼぅちゃんおすすめの焼鳥やさん鳥半へ!
コースのみの、有無を言わせずそれしかない焼鳥やさん、
さすが銀座っ!!

画像もなしですがかなり美味しかったです、満足ぴかぴか(新しい)
駅に向かって、もう帰るかのような3人でしたが
早くからご飯だったのでまだ早い時間という事で
もう一軒ワインbarのようなところで飲み直し( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

10時過ぎに別れて、
ホテルにたどり着いてお風呂入って、
どーしても行きたかったお店に向かおうと思ったのですが
門限1時で、
すでに11時回っていて、
ベットに腰掛けたらもう動けなくなってました(笑)))

明日に備えて(!)おやすみなさいしましたー♪
































posted by はる at 16:54| Comment(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

上海雑技団

上海雑技団、観につれってもらいました♪
DSCN5829.jpg
上海万博の親善公演ようです^^

DSCN5827.jpg
席は一番前のど真ん中(o´・∀・`o)ニコッ♪
昔のイメージと違って、
とっても美しくて楽しいステージ☆.*
どうなってるかわからないような体の柔らかさに目が点です@@
posted by はる at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

かえるちゃん造形

DSCN5372.jpg
かえるちゃんの造形物にふれて来ました.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

DSCN5377.jpg
もっと早くにご案内したかったのに
相変わらずのどたばたで
何も出来ずに・・・。

DSCN5384.jpg
チョコの妖精、なのかな。

DSCN5386.jpgDSCN5385.jpg

DSCN5388.jpg
DSCN5387.jpg
らぶり〜チョコレート揺れるハート

そして
DSCN5382.jpg

DSCN5380.jpg
カレー屋ルーシーさんでは
美術専門学校時代に作ったという
かえるちゃんの分身、
リメイクされて・・・

DSCN5373.jpg
男子の妄想世界『裸にエプロン』でカレーを作るの巻、であります揺れるハート

DSCN5375.jpg
創作ネーム『ほっぺ・ふきこ』作。

DSCN5374.jpg
前にワンフェス用に作っていたローズちゃん♪


作品とは全く関係ないのですが
ルーシーさん曲者です^m^
DSCN5383.jpg
「700万円〜」・・・てΣ(-∀-;)
レジでもちゃんとそのように!!
「50万円のおつりです」・・と普通に言われてます(笑)))

DSCN5379.jpgDSCN5378.jpg
ココアがお得意メニューなんだそうですが
ごめんなさい、
ワタクシチーズケーキにもチョコはいらないですから・・(T_T)

春です、わたしもなんか作りたい(*^_^*)
posted by はる at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

空気人形と大洗にも星がふるなり、でした。

空気人形
2009111814370000.JPG
これが、思いのほかよかったわ、
・・・というものの、かなり偏ってるのでお勧めはしません。

ベ・ドゥナ
なるほどかなり可愛いのだけど、
これも・・・偏るわなぁー、そんなお顔。

そのお顔を模写して作っただろう空気人形は
「つくってみてぇ!!」と思わずにはいれないわけですっ!!!
これも・・少数派である事、・・でしょう(笑)
はっ!!ワタクシ造りませんし、造れません!!

そうそう、
映画では素晴らしいロケーションを探し出してきた是枝監督、
万歳ですね、あ、これも偏った感性ですが(笑))))


そして、映画終了後、
ガーデンシネマズから駆け下りてシネ・リーブルへ移動!!
大洗にも星はふるなり
2009111814350000.JPG
これも、なんのリサーチもなしに、
始まってから
「安田顕がでとるがなー!」
「わたしはなにげに山田孝之の映画よく観とるぞい!」
・・と、今さらなような事を思いながらみていくにつれ、
「これさぁー舞台でやれよっ!!映画じゃねーだろっ!」と、
思いだすわけで、なんで映画にしちゃったんだろ・・・(笑)))

なんだっけ、そんなもんかなぁー(=´∇`=)にゃん









posted by はる at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

サイレントムービー 応募のお知らせ

先日、紹介しましたサイレントムービーは
応募なんだそうですあせあせ(飛び散る汗)
ほんま、すみません(T_T)

ご希望の方は下記参照
♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪


茨木市観光協会からのご案内です。
今年も「サイレントムービ−フェスティバル in 茨木」を
下記の通り開催します。
そこで、サイレントムービーの魅力を知っていただくために
10名様に抽選でチケットを
プレゼントさせていただくことになりました。

時間:11月28日(土)14時〜(13時30分開場) 
場所:茨木市民総合センター クリエイトセンター・センターホール
講演:冨田 美香(立命館大学映像学部准教授)
作品:『メトロポリス 』(1927年 ドイツ作品)
演奏:西山瞳トリオ
料金:当日1,500円、観光協会会員価格1,000円
お問合せ:茨木市観光協会 TEL 072-645-2020

<チケットプレゼントお申込み方法>
下記の茨木市観光協会まで、
お名前とご希望枚数(一人2枚まで)を記入の上、
メールまたはFAXでお申込み下さい。
メール:i-info@ibaraki-kankou.or.jp
FAX:072-645-3020
応募締切り:11月15日(日)

なお、当選者への案内はメールまたはFAXで17日に行います。
チケットの受け取りは、
茨木市観光協会へ直接取りに来ていただくことになりますので、
あらかじめご了承下さい。
posted by はる at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

サイレントムービーのお誘い☆.・*

茨木市でサイレントムービーを上映されます☆.・*
去年観に行ったのですが、
とっても良かったのでお誘いです☆^▽^☆
ただのサイレントムービーではなく
その映画に合わせて、生バンドが効果音楽を付けていきます♪
これがすごく良いんですよ〜(=´∇`=)にゃん

しかも先着でご招待しちゃいます!!!
興味のある方は書き込みしてくださいヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆
あ、知ってる人にしてね♪

silent_mv.JPG
2009 サイレントムービー フェスティバルin茨木
茨木市観光協会 茨木サイレントムービー フェスティバル実行委員会

茨木サイレントムービー フェスティバル実行委員会では、往年のサイレント映画を現代のミュージシャンとともによみがえらせ、ライブとしての新たな感動を生む公演活動を市内外の愛好者を対象におこなっており本年で3回目を迎えることになりました。
今回は1927年製作のドイツ映画の名作、フリッツ・ラング監督作品「メトロポリス」を西山瞳氏作曲のオリジナル曲をトリオの演奏でフィルムとのコラボでお楽しみいただきます。
上映前に、立命館大学映像学部副学部長 冨田美香教授からSFの原典ともいえる本作品の魅力、見どころ等を製作当時のエピソードを交えご紹介をいただきます。

プログラム
2009年11月28日(土)

13:30 開 場
14:00 開 演
14:05 作品紹介 講師:冨田美香 立命館大学映像学部復学部長
14:30 上映・演奏 「メトロポリス」プレリュード
15:30 休 憩
15:40 上映・演奏 「メトロポリス」インテルメッツォ フリオーゾ
16:40 閉 会


上映作品紹介 「メトロポリス」
監督:フリッツ・ラング 
脚本:テア・フォン・ハルボウ
撮影:カール・フロイント
画面合成処理:オイゲン・シェフタン
1927年(昭和6年)サイレント 118分

映画史上もっとも有名なSF無声映画である本作品は1927年にベルリンで初上映された。当時は3時間に近い作品であったが、現在作品の4分の1が消失し復刻版においても字幕等での解説が加えられている。
物語は西暦2000年を舞台としヨーロッパの歴史・文化・宗教に関係するいくつかのテーマが同時に奏でられながら、音楽的な形式(プレリュード、インテルメッツォ、フリオーゾ)によって進行していく。
ものがたり
支配者による搾取に苦しめられた労働者たちは、ローマ時代にキリスト教徒が逃れた地下墓地であるカタコンべに行き、マリアというマドンナのような女性の説教を聞く。彼女は旧約聖書に描かれるバベルの塔がいかにして崩壊したかを述べ、支配者と労働者を結び付けてくれる媒介者の到来を待つように説く。
 一方、メトロポリスの支配者ジョー・フレーダーセンのかつての恋敵ロートヴァングは
マッドドクターとなってロボットの完成に余念が無い。ジョー・フレーダーセンの提案で、ロボットには労働者たちが絶大な信頼を置くマリアの顔が与えられる。こうして出来た偽のマリアは労働者たちを扇動し、映画は終盤の大スペクタクルへと向かっていく。


講師プロフィール
冨田 美香(とみた みか)
立命館大学映像学部副学部長 准教授 専門分野 映画史
1966年、神戸生まれ。日本大学芸術学部映画学科理論評論コース卒、早稲田大学大学院文学研究科で映画学を修了。東京国立近代美術館フィルムセンター客員研究員などを経て、 2000年に立命館大学文学部助教授に就任、2007年4月より現職。
映画草創期の基盤を築いた牧野省三らの軌跡を調べる「マキノ・プロジェクト」を立ち上げ、戦前戦中映画のアーカイブ活動に取り組む。本年、担当学部の学生が山田洋次監督の指導のもとに取り組んだ新作「京都太秦恋物語」の制作ではコーディネーターとして活躍。

演奏者プロフィール
西山 瞳(にしやま ひとみ)
大阪音楽大学短期大学部音楽科音楽専攻ピアノコースジャズクラス卒業。2004年、オリジナル曲を収録した自主制作アルバムを発表。2005年横濱ジャズプロムナード・ジャズコンペティションにおいて、西山瞳トリオでグランプリを受賞。2006年スウェーデンにて現地ミュージシャンとレコーディング、「CUBIUM / 西山瞳trio (Spice of Life)」をリリースし、全国デビュー。2007年には日本人として初めてStockholm Jazz Festivalに出演大好評を得る。同年スウェーデン録音の2nd album「Many Seasons / 西山瞳trio」を、2008年2月にはスウェーデンでのライブアルバム「In Stockholm〜Live at Glenn Miller Cafe」を、2008年9月には、4th album「Parallax / 西山瞳」をリリース、新世代コンポーザー型ピアニストとして、ジャンルにとらわれない幅広い活動を精力的に行う。

鈴木 孝紀(すずき たかのり)
3歳より父親にピアノの手解きをうけ、同時にソルフェージュも始める。12歳よりサックスを始めるが、オーケストラのクラリネットの音に魅了され、すぐにクラリネットに転向。大阪音楽大学卒業後、クラシックでの演奏活動を行うが、Jazzミュージシャンである父と兄の影響を受け、Jazzの演奏活動も開始する。現在、京阪神を中心にライブ活動を行う傍らアレンジやスタジオワークも行っている。

光田 臣(みつだ じん)
14歳よりドラムを始め、大学入学と同時に20歳よりプロとしての活動を始める。89年渡米、90年帰国後、関西を中心にジャズ、フリーミュージック、ブラジル音楽など、ボーダーレスな活動を展開。
2000年ニュージーランド、ウェリントンで開催のジャパンフェスティバル出演。
2004年より打楽器のソロパフォーマンスを開始。
posted by はる at 23:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

きちやさん

桂 吉弥さんの春日寄席に行く事になったきっかけが


・・・どうしても思い出せない(゚Д゚)


http://machikomi.zaq.ne.jp/view/ibaraki2/386/50957/
おりこうさんに書いてみたけど
実は楽屋にもお邪魔させていただいて

2009092016000000.JPG

このようなモノも頂いたわけです.`+(嬉´∀`*‡)ノ

落語は喋る、というより
わたしの中ではあのしなやかな演技力の方が好きだったりします、




                            だめですか?
posted by はる at 00:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

お・・お一人様

・・だったよぉー!!




ホッタラケの島観に行ってきました。
こちらに書きました→★

65914.jpg

あんまりCGの人間とか、好きじゃないんだけど
うーむぅCGにするとやっぱりゆっくりになるのが、
あの間が嫌いなのかも。。。
人意外だったらあまり気にならないんだけど。

向こうでも書きましたが
まさに『和風不思議の国のアリス』といったところ。
色もきれい、ホッタラケの島は行ってみたくなる所でした☆.・*

主人公が「はるちゃん」やら「はる」と呼ばれるが
なにやら不思議な感じ(笑))
しかも「ホッタラケ」だし(ここは解る人にだけ・・^^)


あ、そうそう。
新型インフルエンザも流行ってるのに
映画館ってどうかなぁ・・・と思って行ったら。

ワタクシだけ。
シアター、お一人様でした・・・.`+(嬉´∀`*‡)ノ
posted by はる at 06:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

ルーヴルですが、大阪の謎。

今回、『美の宮殿の子供達』と銘打って開催された
ルーヴル美術館展(国立国際美術館)

その中で、も〜気に入っちゃいました、
子供たちの日常』の中で展示されていた
p21.jpg
で、

DSCN4025.JPG
はっ!!
盗んできたとか、そんなじゃないですから(〃^∇^)ぇ∧∧∧っ


ところで、謎が解明。→★
posted by はる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

バーンアフターリーディング!予告とは・・・

バーンアフターリーディング



えーーー!!!


映画の批評はしないといっておきながら
バーンアフターリーディング!!!

いかん、いかん!
これはちょっと、ほのめかしておかないと・・!


予告とは全く違うテンションですので
気をつけてください(* ̄0 ̄*)ノ

いや、個人的にはこういうの嫌いじゃないんだけど。。。
いやぁ〜びっくりしたなぁーもう(゚Д゚)
posted by はる at 09:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

西国二十二番札所 総持寺

茨木市の総持寺、
「えー総持寺って有名なお寺なんだぁー」って
この間言われてしまった(+。+。)アチャー。

『包丁式』を見てきたので。


ほら貝(でいいの?)すごい音です!!これでいいはずです!!


なんかかっこいいです(=´∇`=)にゃん

詳しくは街コミに書いちゃいました→★
posted by はる at 09:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

3時間。とか。

ウォッチメンを観に行って、
映画館での駐車場サービスが「3時間」。
ウォッチメン「2時間55分あるんですがー」。

・・とわ言わない、大人だから。

アメコミは長すぎて読んでいないけど(読まないけど)
映画だけ切り取って考えると、よくまとまってるんじゃーね?
アメコミファンが嘆いてる声は聞こえてきそうだけど、
3時間お尻が痛くなるまで時間が経ってる事忘れてたもん。



先日の『聖☆おにいさん』を読みながら、ふと。
12月24日山羊座生まれのオトコと
一生うまくやっていく自信ないのです、

そして4月8日牡羊座生まれの彼があんなに温厚なわけがないと
つくづく思うのであります(笑)))
あ、いや、笑い事じゃなくてさぁー
え?悟ってるから???

神を冒涜するつもりは全くございませんから。
ただ人格のあるものはわたしの神にはありえないだけで。

で、北野誠なんであんな事になったの?

posted by はる at 21:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

千家十職×みんぱく

fuせんせーから突然のお誘いを頂いて
みんぱくへ。

クルマで行ったら既に駐車場3つ通過全て満車。
いつもみんぱくに行く時は
万博外周1番最後ら辺西駐車場に停めて行くのですが
その満車具合を見たら
もしかしてもう1周しなくてはならなくなるかも・・・と思い
南駐車場へ・・・ま、ご存知の方はわかるかもしれませんがたらーっ(汗)


観覧車向いの駐車場からみんぱくまで
てくてくと歩いて行くにはとってもいい季節です、
負け惜しみではなく苦なく歩けた気がします(笑)))

DSCN2265.JPGDSCN2268.JPG
みんぱくに着いてみるとなにやら立て看板。
14時30分より八杉佳穂教授が展示物の説明をしてくれるらしい。
今は14時を少し過ぎたところ、
先に入って取りあえず観て回って、戻ってくる事に^^b

千家十職とは
茶室ばかりではなく
路地の箒や水屋で使う道具までも
茶事全般のお道具を作ってきた十家の事だそうです。

展示されているものは
大きく3つのエリアに分けられていて
最初のエリアには
代々伝わる職人の技術が大いに栄える展示物になっており
いわゆる『千家十職』展です。

そしてその先のエリアに行くと
なんだか様子が違って、
fuせんせーもわたしもいまいちそのコンセプトがわからずにいたら
14時30分が近づいてきたので戻る事に。

戻ってみると
「初めに見て周っといてよかったね!」というくらい人!
そして教授のお話。
色々観るところを間違っている事に苦笑(笑)
掛け軸にされているものは職人技は表装であるわけで、
考えてみたらそうだよ!
でもそれは決して間違えではなく
「画よりも表装が目立ってしまったらそれは表装として失敗作」
なんだそうです、
だからわたしたちが画に目が行ってしまった事は自然な事で
仕事としては素晴らしい事なんだそうです。深すぎる。

そしてなんだか解からなかった次のエリア、
教授の説明でものすごく面白いものだと解かりました!!!

職人さん10人(千家十職さん)に
みんぱくの所蔵品を収めている倉庫から
長い歴史と伝統に培われてきた目で
1人1人セレクトしてもらったものを展示し、
そしてそのものから受けたインスピレーションを
今度はオリジナルの作品を作り、展示されているのでした!

今回このみんぱくの展示のためだけに作られたものは
茶の道具とは関係のないものを芸術的に作られている方、
「職人なので芸術的なものは作れない」と言われ
みんぱく側が渡された日本にはない素材で作られた風炉先、
高台のない茶器など信じられないものが
素晴らしい職人さんによって遊び心たっぷりに作られています!!
すごすぎでした。

そして2階エリア、
こちらはみんぱく側が職人さんの技を動詞に分け
それを世界の職人技に通ずるものをセレクトし、
十職さんの作品と展示されたコーナー。
みんぱく側のセレクトの仕方が謎掛けのようでもあり
教授が得意げだったのが少しおかしかったです(笑)

1時間ほどの案内もあっという間、
ちょっと賢くなったか・・・はわかりませんが(笑)
とっても楽しい時間であり新しい世界でありました!!


DSCN2266.JPG
その後の万博公園→★

posted by はる at 12:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

レッドクリフUなど、そして。

今年は15本ほど観てますが、
わたしの映画のレビューなどもういいかと。

昨日レッドクリフUを観に行って来たら
思った以上に面白かったので、言い切った割りに書く(* ̄0 ̄*)ノ
しかし「おもしろかったですかぁー?」
・・・なんて質問にはする奴の気が知れないのは
絶対違うだろ?観てる基準や、感じ方なんて。

なので「知るか・・」といちいち思っているわけであります(笑)
同意など無意味である。

077q8429_large.jpg
何はさておき、小僑役リン・チーリンの美しい事!
なんです、容姿ではなく立ち居振る舞い、
お茶を入れる時の指の動きなど芸術です!

で、そんな事ではないのです、
観に行きたい人は勝手に観に行ってくれいっ(乱暴。

DSCN2261.JPG
コスキューげっーつ!!
しかも微妙に判りにくい(笑)
小僑・孫権・劉備・尚香の選択もどうかと^^;

で、本屋では
いろんな人に「面白い」と薦められていた、
DSCN2262.JPG
「聖☆おにいさん」買っちゃいましたー♪

夜には行けずにいた屋台パスタ屋さん、
行ってきました→★

なんかむちゃくちゃです、1日1日を大切にヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆
posted by はる at 12:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

ワルキューレ、そして正義の人になりうるか

それはどうだろう、

ヒトラーの事を一個人、人としてみたなら
きっとそれほどの悪ではなかったのかもしれない、
と言われているような事を書いてみるが、そうなんだろう、きっと。

アウシュビッツがあれほど残酷で居れたのは
ドイツ人が関わらず囚人が囚人を監視していたからだと言われています、医学だけではなく戦争は人の精神状態まであらゆるサンプリングを作ってくれるわけである。



で、ワルキューレ
バイクじゃないし神話でもない、クラシック音楽でもない、
(ま、元は女神なわけだけど)
作戦のコードネーム。

真実の話に基づいて作られた割には
ドイツ語話せよっ!!と突っ込みたくなるが、
興行成績を収めなくてはイケないわけですから
そんな事言ってられません!

失敗すれば確実に処刑されるわけで
それを覚悟で遂行される計画・・・・
恐ろしすぎて観ているのもやっと・・・!

SSとか今もなおネオナチやらおりますが
刺青を入れたユダヤ人の皮を剥ぎ取りランプシェイドにしたり
サディスティックな人たちですね、こわい。

あああ、そう言えばHPの・・・ロシアの続き、
アウシュビッツに行く前に滞ったままだ(T_T)
ううー書けるのか?(ここで反省してる場合か!)

あ、映画。
ではなく、
わたしはやはり悪に立ち向かっていきたい。
小さなマナーの悪さや正しい事の意味をちゃんと知っていたい。
見て見ぬふりの多い中、ちゃんとしっかり見た事を理解していきたい。


きっと世の中敵だらけになるんだろうなぁ、
観終わった後にがんばろうと思った、そんな映画。


posted by はる at 20:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

ストリートファイター・・・かぁー?

090220_00.jpg
ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー

ワタクシ、クリスティン・クルックの可愛さに舞い上がってしまい、
ストリートファイターである事を忘れてました、はい。

ところが忘れていたわけでもなく
「別にあれは『ストリートファイター』としてじゃなくただのアクション映画ってことでよくないかー?」
・・・という事になった。

そして・・・・
映画の最初に
「エンドロールの後のストリートファイターYの特別映像をお楽しみください」などのようなテロップが。

映画が終わって思いおこす間も無く・・・
news09011501.jpg
どばーんっとこんなのが出てきて・・・・

さっきまでの映画はなんだったのだ・・・
さくら暴れまくり(T_T)

はっ!!!
も・・もしかしてっ!
前フリか?さっきの映画はもしかして、これの前フリだったのかっ!!

うぅー恐るべしCAPCOMたらーっ(汗)
ストリートファイターYのバンセンだったとは・・・(違うのかー

そういえばもけにいさんところでこんなのあったなぁ→★
posted by はる at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

沖縄国際映画祭〜♪

P1000053.JPG

以前に書きましたが→★

沖縄国際映画祭が2009年3月19日→22日開催されるようです、されます。

で、例のものはこの辺りで→★有料で観られるようです、
じつはうちには昨日DVDに焼いたものが届きましたー♪
posted by はる at 11:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

タイムマシンでおでかけ〜♪

・・などタイトルにしてみる今日この頃。

ヤッターマン観てきましたよー、試写会!
ラブですっラブっつ!!いや・・・愛だなっ愛っつ!!!

あんなに愛な映画だとはおもわなんだよ、びっくり揺れるハート
しっかし、
ヤッターマンとしてはかなり出来良いのではないですかぴかぴか(新しい)
キャスティングも悪くないよねー、大丈夫だと思いまするんるん
ただ、ワタクシCGアニメとかでよく感じる、
微妙にズレた感じ・・・わかりませんか?なんかもたもたした感じ・・
あれが気になるんですよねーあれさえなければかなりいいのにー
ま、丁寧故、という事で。

そして、帰ってからナニゲにヤッターマン映画をチェックしていたら
・・・・・やられましたたらーっ(汗)
なにやら映画始まる前にMCのねーさんやら主催者代表が
「ぜひ映画館でも観てください!と言うものだから
その場で「観ねーよ、そのために試写会に来てンだからーグッド(上向き矢印)
みたいな事をほざいていたら・・・・・

『N.Y.でのワールドプレミア、そして先日おこなわれたジャパンプレミアでも明かされなかった映像が、劇場上映での本編終了後(エンドロールの後)に解禁となります。あくまでも製作者側の遊び心からつくられた、ヤッターマン愛あふれるこのビックリドッキリ映像は、映画館でしか観ることができません!
具体的な内容は一切明かせませんが、詳しくは劇場に足を運んでもらい、最後まで本編をお楽しみの上お確かめください!!』


なんのためか(もちろん「ぜひ映画館でも観て・・」のためだね)
エンドロールの後のお楽しみは無しでしたたらーっ(汗)
エーーーーーーーーーーーーーーーーーーーexclamation×2・・です


映画を観終えて
そんなことをまだ知らないご機嫌なわたしたち(with AMO)
すいてりあちゃんにお勧めされたEXPOカフェへダッシュ(走り出すさま)
DSCN1716.JPG

DSCN1718.JPG
はい、ワタクシなにしてるんでしょーねー

DSCN1721.JPG
気になるカプセル型ショーケースの中身はこちら!
映画・20世紀少年第2章で
「ともだちの家」に置くのに貸し出されたものだそうです映画

DSCN1722.JPGDSCN1725.JPGDSCN1726.JPGDSCN1728.JPGDSCN1729.JPG
ほかにも万博グッズがいろいろ飾られていますーぴかぴか(新しい)

実は食べるものはあまり期待していなかったのですが(笑)
美味しかったです、はい、ちゃんと。
DSCN1727.JPG
Amoくんのオムライスもふわふわたまご仕上げ(画像なし
おいしかったのよーわーい(嬉しい顔)
食べるべき「EXPOパフェ」は夜遅かったのでやめましたが
これはまたぜひ次回に持ち込みたいものであります晴れ

よろしければこちらも『ポチッとな』とクリックしてください→◎

、という事で1970年代までタイムスリップな1日でした新幹線

posted by はる at 12:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

おろ?

今度は試写会じゃなくチケット当たっちゃいましたーるんるん

P1000047.JPG
GAGAで当たっちゃいましたー春麗ちゃん今逢いに行くよーハートたち(複数ハート)
posted by はる at 19:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・美術館・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。