2008年09月01日

まじっすかぁー!つか、それってアリですかー!!

昨日の続き・・・
夜中と早朝に「ひぐらし・・」をPCでみる。。。
壱と弐を見終わったので・・・


本日レンタルやさんに行く。(へーんもう手馴れたもんである!!)
そして「参」「四」を借りるつもりで向ったら
わたしが借りた「壱」「弐」が空でそれに続くはずの・・・・
「伍」「六」「七」・・・ん?
「参」は?「四」は????

えぇぇえええええ!!

聞きましたよ、店員さんに。
そしたら「ないですねー」
ないっ?ないって、ナニ?

「レンタル中って事ですか?」
「いいえ、ないんです、参、四が。」

そんなに収まり返って冷静に物言われても
こっちはえええぇぇぇぇえええええーって叫びたい気分だよーしかも意味わかんないよー(T_T)



つか、アリなのかぁ、こんなの?
posted by はる at 16:08| Comment(8) | TrackBack(0) | DVD・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖いやん・・・(T_T)

すみません、
ひぐらしのく頃に」怖いですぅー(T_T)

「面白い」って言ったやん、ばか息子っ!!
posted by はる at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | DVD・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

DVD「式日」と「マレーナ」

DVD何を借りていいのかわからなくて・・・
というのも、極力情報の少ないものにしようと。

式日」と「マレーナ」を借りてきました。
どちらも途中で見るのやめようかと思うくらい
退屈でやりきれない映画でした。。。。

式日」の方は庵野秀明氏が監督でなぜか岩井俊二氏を「カントク」という役で起用している。
主人公役の藤野文子女史はこの映画の原作者である。
・・・しかもスタジオジブリの実写映画である。
東京国際映画祭では優秀芸術貢献賞とやらを取っている、すごい。。。
たしかにビジュアルで観る映画なので退屈でも仕方ない。
個人的に狂い具合が中途半端で煮え切らなさが残ったんだと思う。

そして「マレーナ」。
ありがちな、美しい年上の女性に焦がれる中坊の映画、
・・と言ってしまうと実もふたもないけど。。。

映画で印象に残ったのは
「イタリア人ってしょっちゅう色んなものパクってないか?」
イタリアに行ったら気をつけよう・・・ってくらい。
それでも辛抱してみていると
もう中盤も過ぎて終りがけようやく話は面白い方向に展開するけど
やはりこちらもどちらかというと別の意味で
ビジュアル中心の映画なので(マレーナが美しいという1点のみで映画が進行しているわけだから)仕方ないかぁ。。。

どちらもストーリーはともかく美しい映画でした。

あああ家で観るものは自分の中で限界あるので選びづらーい☆
しばらくDVDで借りるのは映画はこりごりなので
次は「妖奇士」(だったかな?)を観る。
退屈でないことを・・祈る(T_T)
posted by はる at 04:13| Comment(2) | TrackBack(0) | DVD・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。